一日葬の時間!選ばれる理由はこれだった!

一日葬の時間!

選ばれる理由はこれだった!

Sponsord Link

最近、家族葬とともに増え続ける一日葬。

臨海斎場の一日葬を例に、選ばれる理由と時間、についてみていきましょう。

 

一日葬って?

一日葬ってどんな葬儀?

確認の意味でも、おさらいしておきましょう。

 

一日葬は告別式一日だけで執り行う葬儀です。

普通の葬儀は、お通夜から告別式と2日間で行いますよね。

 

一日葬は、お通夜を完全に省略して、告別式一日だけで行う葬儀です。

 

家族葬と何がちがう?

よく家族葬とは違うの?

と聞かれるのですが、実はこれは、比較できないのです。

 

どういうことかというと、一日葬でも家族だけで行えば一日葬の家族葬ですし、一般の人も参列されるなら一日葬の一般葬なのです。

つまり、一日葬は家族葬でもあり、一般葬にもなりうるので、家族葬は一日葬の一つの種類なわけです。

 

一日葬の特徴

一日葬の最大の特徴は、やはり時間です。

通常の葬儀が2日間かけて行うところ、一日だけになるのです。

 

つまりは、拘束される時間が、半分になるわけです。

また、2日間が一日だけになるわけですから、費用が安くなるという特徴もあります。

 

一日葬の時間

では一日葬の時間は、通常の葬儀と比べて、どれくらい短くなっているのでしょうか?

一日葬の場合、お通夜はすべて省略となりますが・・・

お通夜がある場合はどれくらい時間がかかるか考えてみましょう。

 

お通夜がある場合、お通夜は一般的には午後6時からです。

午後6時からなので、遺族はだいたい午後4時半くらいには来場してもらいます。

 

午後6時に開式して、通夜ぶるまいが終わる時間はだいたい午後8時から午後9時くらいでしょう。

準備して移動する時間を考えれば、午後から夜遅くまで、7~8時間はゆうにと、かなりの時間がかかります。

 

選ばれる理由は現代社会にマッチしている

一日葬の場合、通常の葬儀のお通夜でかかる7~8時間が、すべて省略されます。

負担がかなり軽減されるのは、あきらかですね。

 

現代社会は忙しい人が多いので、なかなか会社を休みにくいですね。

なので、拘束時間が減ってくれると本人も助かるし、会社も助かるわけです。

高齢化時代になり、お通夜と告別式の出席は大変だけど、告別式一日だけなら、というふうに思う人もいます。

 

一日葬が選ばれる理由は現代社会とマッチしているから、という理由もあるのです。

 

葬儀社選びは大事

一日葬でも、普通の葬儀と同様、葬儀社選びは大事です。

一日葬でも葬儀社によって、高い安い、とけっこう差があります。

 

低価格で良い一日葬をしてれる葬儀社を選びましょう。

みなさん、以下の方法で選んでいますよ。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

臨海斎場の一日葬なら・・

臨海斎場の一日葬なら、本当にお勧めの葬儀社があります。

 

安い葬儀社の中でもトップクラスで安いうえに、評価も高い。

ぜひ、知っておいてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

事前相談

無料の事前相談があります。

事前に準備せずに失敗する人があまりにも多すぎるので、ぜひ、有効に活用しましょう。

 

無料相談 フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール相談

→メールの無料相談をご希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link