一日葬のデメリット!こんな人には適さない?

一日葬のデメリット!

こんな人には適さない?

Sponsord Link

今、話題で急増している一日葬ですが・・・

一日葬に適さないご家族もあるようです。

臨海斎場の一日葬を例に、適さない人、について、まとめてみました。

 

一日葬のデメリット

一日葬にはデメリットもあります。

そのデメリットにより、一日葬に適さない家族もいるのです。

 

●大型葬に向かない

●宗教的に正式な儀式ではない

 

一日葬に適さない人

一日葬は大型葬にはむきません。

なぜかというと、一日葬はお通夜を省略した告別式一日だけの葬儀だからですね。

 

告別式の場合は、式後に火葬がひかえているため、お焼香の時間などが限られてしまいます。

その場合、参列者が多いと、みなさんをお焼香にご案内できません。

なので、一般の参列者が多い葬儀にはむかないのです。

 

また、一日葬は、実は宗教的に考えると正式な葬儀ではありません。

ですので、葬儀を依頼するお寺さんに、お通夜も行いますと、言われれば一日葬はできない・・・

という可能性もぜんぜんあるのです。

 

一日葬にはもちろんメリットもあります

家族葬とともに増え続ける一日葬、もちろん、これだけ増えているのですから、メリットもあります。

 

●拘束時間が一日に

●費用が安くなる

 

●拘束時間が一日に

一日葬の場合は、お通夜を省略します。

お通夜を省略しない通常の葬儀の場合、お通夜・告別式と2日間、参列しなければなりません。

 

しかし、一日葬の場合は、お通夜を省略して告別式一日だけなので、拘束されるのが一日だけで済むのです。

会社を休みにくい現代社会に適しているんですね。

 

●費用が安くなる

一日葬の場合、2日間が1日になるわけですから、当然、コストが削減されます。

つまりは、葬儀費用が安くなるわけです。

 

安くて良い物を好む傾向にある現代社会、安い一日葬の方を好む人が増えているのです。

 

一日葬が自分に適しているか確認

一日葬には適さない人もいると、お伝えしました。

もちろん、一日葬に適している人もいるのです。

 

ご自分やご自分の家族の場合は、一日葬に適しているのか、いないのか・・

十分に検討してから決定しましょう。

 

一日葬が適しているなら

一日葬が適している人なら、一日葬も葬儀社選びが重要です。

一日葬が安いとはいっても、葬儀社によって費用の格差があります。

 

場合によっては、20万円以上の差がつく場合もあるので、注意しましょう。

 

一日葬が本当に安い葬儀社

 

一日葬が本当に安い葬儀社はどのように探せばいいのでしょう?

現代社会では常識?

 

今の時代、誰でも簡単に低価格で優秀な葬儀社を探すことが可能です。

ぜひ、ご覧ください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

臨海斎場ならおススメの葬儀社

臨海斎場の一日葬なら、ぜひ、紹介したい葬儀社があります。

他社と比べて参考にしてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

事前相談もご利用ください

準備は事前にしておけば安心です。

事前相談もお気軽にご利用ください。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料メール相談

→メールの無料相談をご希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link