臨海斎場の一日葬!都市部で激増!総合計料金や費用は?

臨海斎場の一日葬!

都市部で激増!

総合計料金や費用は?

Sponsord Link

都市部で激増している理由と費用はどれくらい?

臨海斎場の一日葬を例に、激増する理由と費用、についてまとめてみました。

 

一日葬が激増している理由

なぜ、一日葬が激増しているのか・・・

それは、考えれば当然ですが、一日葬がお客様にメリットがあるからなのです。

 

いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

一日葬のメリット

一日葬のメリットはズバリ・・・

「安い」と「負担減」、この2つなのです。

 

安いとは・・・

一日葬は、みなさんご存じの通り、お通夜・告別式と2日間で行われる葬儀のお通夜を省いて、告別式1日だけで行う葬儀です。

 

葬儀を行う日が1日だけになるわけですから、経費も1日分になります。

その分、安くなるわけです。

 

負担減とは・・・

一日葬ですから、遺族・親族も葬儀に参列するのは1日だけ。

精神的にも身体的にも、かなり負担減になりますね。

 

都市部では仕事が忙しい人も多いので、2日間必ず出席しなければならない葬儀よりも、一日だけ出席すればよい葬儀は、社会人として精神的にも楽なのです。

 

昨今では、家族葬の数も増えていますが、一日で行う家族葬は、一日葬の家族葬となるので、一日葬と家族葬は別の物ということではありません。

 

一日葬の内訳

では臨海斎場の一日葬はどれくらい安いのか・・・見る前に・・・

臨海斎場の一日葬の内訳をみてみましょう。

 

●臨海斎場の葬儀場利用料

●臨海斎場の火葬料

●臨海斎場の骨壺料

●葬儀社に支払う一日葬の料金

 

一日葬の葬儀費用でだいぶ違う

一日葬の料金の内訳で、気を付けてみてもらいたい部分があります。

まず、臨海斎場の料金というのは、誰でも同じ料金となります。

※臨海斎場は公営斎場なので、対象区民は安く利用できます。

 

しかし、一日葬の葬儀社への支払いは、葬儀社によってだいぶ異なります。

一般的に一日葬の相場は安いですが、葬儀社によっては、高い場合もあるのです。

 

葬儀社選びが安くて良い一日葬にとっては、一番重要なのです。

 

口コミの評価が高い葬儀社を例に

ここでは、一日葬の総合計料金を算出するために・・・

評価も高く、低価格で有名な葬儀社さんをご紹介します。

 

一日葬の費用は、税込みで、225,500円です。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

ぜひ、ご覧ください。

 

臨海斎場の一日葬の総合計費用

 

●臨海斎場の葬儀場利用料 70,000円(税込)

●臨海斎場の火葬料 40,000円(税はかからない)

●臨海斎場の骨壺料 無料

●葬儀社に支払う一日葬の料金 225,500円(税込)

※大田区民、世田谷区民、港区民、品川区民、目黒区民の場合です。

 

合計料金 335,500円(税込)

 

Sponsord Link