消えゆく通夜!通夜の本当の意味を知ったら・・

消えゆく通夜!

通夜の本当の意味を知ったら・・

Sponsord Link

臨海斎場の家族葬を例に、通夜について、みていきましょう。

 

昨今、一日葬が増えている・・・

昨今、臨海斎場でも、その他の葬儀場でも、一日葬が増えています。

一日葬とは何か、詳しく説明していきます。

 

日本人のほとんどは、仏式の葬儀を行う事が多いです。

伝統的な仏式の葬儀とは、お通夜を行い、次の日に告別式を行うものでした。

つまり、2日間にわたり葬儀を行うのが一般的な葬儀なのです。

 

では一日葬とは・・・

お通夜を省略して、告別式だけで行う葬儀です。

 

一日葬が増える理由

なぜ一日葬が増えているのか・・・

その理由をまとめてみました。

 

●費用が安くなる場合が多い。

●一日で済ませられる

 

主な理由はこの2つになります。

 

費用が安くて日程も短縮

一日葬は費用が安くなるし、日程も短縮できる・・・

メリットしかないようなものですね。

 

だから増えているのです。

 

一日葬は誰がつくったのか?

一日葬って誰が作ったのでしょうか?

これは仏教のお寺さんが作ったものではありません。

 

現代社会のニーズに合わせて、葬儀社の1つのサービスとしてできたものなのです。

なので仏式の正式な葬儀で一日葬なんてないのです。

 

葬儀社が勝手に作った葬儀スタイルが、いつのまにか主流になりつつあるのです。

 

通夜の本当の意味とは・・

通夜の本当の意味を知ったら・・・

 

なぜ通夜をするのか・・・

通夜とは、夜を通して付き添い、故人を供養することをいいます。

または、故人の死を確認するため

故人との別れを惜しみ、送り出す心の準備をする時間

などと言われており、意味のない事ではないのです。

 

一日葬の費用で家族葬ができる

一日葬の売りの一つは、費用が安いということです。

ですが、実は、一日葬と同じような費用で葬儀ができる葬儀社もあります。

 

一日葬の費用で、家族葬もできる低価格で安心の葬儀社なのです。

やはりお通夜の意味を今一度、考えてみてほしい、古来の伝統と文化を受けついでほしい、という願いからなんですね。

 

どうしても、お通夜の時間がスケジュール的に厳しいという場合は仕方がありませんが・・・

もしお時間があるのであれば費用が変わらない葬儀社もあります・・・

 

故人のご冥福を心から祈りながら、お通夜を行い、正式な仏教のスタイルで葬儀をしてみてはいかかでしょうか?

 

臨海斎場で一日葬と同じ料金の家族葬

臨海斎場で家族葬が一日葬と同じような料金の格安葬儀社があります。

行関係者も利用する信頼性の高い葬儀社です。

 

ぜひ、ご確認ください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

事前相談のご検討を

事前相談を必ずご検討ください。

葬儀や家族葬を行い、後悔する人のほとんどは、事前相談をしていません。

 

正しく事前相談を行えば、必ず低価格で素晴らしい葬儀社に巡り合えます。

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料のメール相談もございます。

→メールの無料相談をご希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link