旦那の親戚!葬式に出席する範囲は?

旦那さんの親戚がお亡くなりにった場合・・・

旦那と妻はどうすれば・・・

葬式に出席する範囲はどこまでなのでしょうか?

 

Sponsord Link

 

臨海斎場の家族葬を例に、葬式に出席する範囲、について説明していきます。

 

葬儀の時の親戚の人数

葬儀の時の親戚の人数ですが、およそ何人くらいが、平均値なのでしょうか?

臨海斎場や、その他の斎場の私の経験上ですが、平均は20~30人くらいかと思います。

 

遺族・親族の人数の詳細

それでは葬儀の時の遺族・親族の人数を細かくみていきましょう。

それぞれ、だいたいの人数です。

 

たとえば4名家族(父・母・長男・長女)の、父親が亡くなった場合・・

 

遺族:3人

長男は結婚して妻と子供2人:3人

長男妻の両親および兄弟の配偶者と子供:6人

長女も結婚して子供2人:3人

長女夫の両親および兄弟の配偶者と子供:6人

 

実は、子供の配偶者とその家族を含めただけで、21人です。

 

父の兄弟とその家族:10人

(父の兄弟とその配偶者、とその子供と配偶者)

 

母の兄弟とその家族:10人

(母の兄弟とその配偶者、とその子供と配偶者)

 

すべて合計すると40名くらいですね。

全員来られるわけではないので、やはり平均は20~30名くらいになるのでしょうか・・

 

旦那の親戚!葬式に出席する範囲・・まとめ

葬式に出席する範囲はどれくらいなのでしょうか?

 

家族葬の場合、亡くなった人からみて・・・

子供と孫と妻の親族くらいまで・・

そして甥姪までの親族とその子供・・

くらいまでが平均の範囲と言えるでしょう。

 

なので自分と配偶者の、叔父叔母の葬儀に関しては、出席される方が多いでしょう。

 

最後に一言・・・・

最後に一言だけ言わせてください。

みなさんにも、いずれ、すごく関わりのある事だと思います。

 

実は、いま葬儀業界には・・・葬儀をしない人が増えている・・・という問題があります。

この原因はただ1つです。

 

葬儀の費用が高いのです。

葬儀の費用が高くて、葬儀ができない人もいます。

高すぎる葬儀費用にその価値を見いだせず葬儀をしない人もいます。

高額な葬儀を経験して、二度と葬儀はしないという人もいます。

 

すべて高額な葬儀費用の責任なのです。

大事な家族の葬儀もできないなんて、本当に寂しい限りです。

 

どうすれば、この問題を解決して、みなさんが安心して葬儀ができるようになるのでしょうか?

 

実は、すでに問題解決している人がいます!

実は、すでにこの問題を解決して、安心して葬儀をしている人がいます!

 

その方法とは、本当に低価格で安心の葬儀社に依頼しているのです。

高額な葬儀社と低価格の葬儀社、下手をすれば、100万以上も金額が違う事もあります。

 

以下の方法を使えば、みなさん格安で安心の葬儀が行えます。

ぜひ、ご利用ください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

臨海斎場の格安葬儀社

 

緊急な場合など、どうしても調べる時間がない人もいます。

 

そんな場合でも、簡単に格安葬儀社に依頼できるように・・

臨海斎場で評判の良い格安葬儀社です。

ぜひ、参考にみてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link