家族葬で喪主の挨拶は必要?

家族葬で喪主の挨拶は必要なのでしょうか?

これは時と場合によります。

 

Sponsord Link

 

臨海斎場の家族葬を例に、喪主の挨拶について、まとめてみました。

 

家族葬も流れは普通の葬儀と一緒

臨海斎場でもその他の斎場でも、家族葬の葬儀の流れは普通の葬儀と一緒です。

普通の葬儀の場合、一番多いのは、お棺が出棺する前に喪主の挨拶を頂戴します。

家族葬でもそうです。

 

家族葬でも喪主の挨拶はあります

家族葬も基本的には普通の葬儀と流れは一緒です。

ですので喪主の挨拶というのは、一般的には家族葬でも行われます。

 

家族葬で喪主の挨拶を行わない場合

家族葬で喪主の挨拶を行わない場合・・・

たとえば以下のような場合が多いです。

 

通常は家族葬と言えども、親族などを入れれば20人くらいは集まります。

ですが、本当に家族だけの葬儀、遺族だけの葬儀で4人くらいの場合、挨拶は省略する事が多いです。

本当に家族だけですからね。

 

または、喪主がかなりの高齢で挨拶がままならない場合です。

代理の人もいない場合は、家族葬の挨拶を省略する事があります。

 

遺族・親族で特に異論がなければ問題ありません。

家族葬で、親族あわせて30人くらい来たとしても・・・

もし遺族親族から異論がなければ、参列者が何人だろうが、挨拶は省略してもかまいません。

 

挨拶がないことで、揉めたとしても、家族、親族で解決できれば問題ありません。

 

家族葬の挨拶・・・もう1つお伝えさせてください

家族葬の挨拶について、どうだったでしょうか・・・

少しでも参考になれば幸いです。

 

ここでもう1つお伝えさせてください。

 

いま日本社会では、葬儀がしたくても高くてできない、であったり・・・

葬儀やお布施の対価に疑問をもち、葬儀をしたくないと言う人であったり・・・

葬儀をしたけど最終的にかなり高額になり苦痛と後悔を感じるであったりと・・・・

 

このような問題がしばしば起きています。

 

これは葬儀業界がもたらした問題です。

葬儀がしたくてもできない、というような人を生み出す葬儀業界に責任があります。

 

しかし、大事な人の葬儀をみなさんができるように、と頑張っている葬儀社もいるのです。

高額な葬儀社と低価格な葬儀社では金額が100万以上違っても珍しくありません。

 

ぜひ、大事な人の葬儀が出来るように低価格で親切な葬儀社を探しましょう。

探す方法も知ってさえいれば、誰でも見つける事ができるのです。

 

低価格で親切な葬儀社

 

誰でも大事な人の葬儀ができるように、低価格で親切な葬儀社を探す方法があります。

 

以下の方法をご覧ください。

方法を知っているか知らないかだけなのです。

ぜひご覧ください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

緊急事態の場合でも

 

緊急事態の場合でも、低価格で親切な葬儀社にお願いしたいものです。

 

病院や警察から紹介された葬儀社の場合、高額になる可能性が高いです。

病院や警察に協力しているので、それなりの経費がかかっているので、葬儀費用がかなり高くなるのです。

 

そんな事にならないように、臨海斎場で格安で親切な葬儀社をご案内します。

ぜひ、参考にしてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link