直葬の流れ!知らずに後悔する人が多い!

直葬の流れ!

知らずに後悔する人が多い!

 

Sponsord Link

 

臨海斎場の直葬の流れについて、まとめてみました。

 

直葬の流れ

直葬の流れを、おおまかに説明しましょう。

 

①火葬時刻の20分前に集合

②火葬開始

③収骨まで待機

④収骨

⑤終了

 

すべてが終わるまでの時間は集合してから、終了までは1時間半前後となるでしょう。

 

火葬場にもよりますが、直葬の場合、火葬炉に入る前にいっさいなんのお別れもできない火葬場もあります。

ですので、最後のお別れがほとんどできないまま、火葬炉にお見送りという事もあるのです。

 

追加の料金はかかりますが、事前にどこか場所を借りて、じっくりと1時間お別れをしてから火葬炉へお見送りという事も可能です。

 

 

後悔した人の理由

直葬を行って後悔した人は、なぜ後悔したのでしょうか?

項目ごとにまとめてみました。

 

気持ちの整理がつかない

直葬とは火葬をするだけです。

葬儀のセレモニーをしたわけでもないので、葬儀を行った感覚がなく気持ちの整理がつかないのです。

 

葬儀とは大切な人を亡くした悲しい気持ちを慰めるグリーフケアの場でもあるからです。

 

申し訳ない気持ち

たとえばさんざん世話になった親に対して、葬儀式も何もせずに・・・

火葬しただけで済ませてしまった・・・

 

終わってみて、葬儀をしっかりと行って、親族や友人とちゃんとお別れの場を設ければよかった・・・

最後まで親不孝してしまった・・・

 

と後悔する人がいるのです。

 

直葬でも問題なし

直葬でも問題なし、という方々もたくさんいます。

要は直葬の内容を理解していて、直葬を選んだ人であれば、何も後悔しないのです。

 

安さにつられて内容のあまり知らない人

安さにつられて、内容もあまり知らずに直葬を依頼する人・・・

こういった人は直葬で後悔する可能性が高まりますので、十分に注意してください。

 

直葬・・・これも絶対に知っておいてください

直葬が安い安い、とはいっても、葬儀社によってまた値段の差がけっこうあるのです。

 

安い葬儀社と高い葬儀社、その金額の差は10万とか20万とかある場合もあります。

 

安くて良い直葬にするためには、低価格で素晴らしい葬儀社を探さねばなりません。

 

安くても評判の良い直葬

 

安くても評判の良い直葬をしてくれる葬儀社を探しましょう。

 

高額な葬儀社だと直葬でも40万とか請求される場合があります。

 

半分くらいで直葬を施行してくれる優秀な葬儀社もあります。

ぜひ、ご覧ください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

臨海斎場の格安の直葬

 

臨海斎場で格安で直葬を施行してくれる優秀な葬儀社を紹介します。

 

業界でも評判な葬儀社です。

高額な葬儀社に依頼してしまわないように、ぜひ、参考にしてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link