通夜における親族のマナーや注意点!

通夜における親族のマナーや注意点!

親族は何時に行けばいい?どこに座ればいいの?などなど・・

 

Sponsord Link

 

臨海斎場の家族葬や一般葬を例に通夜における親族のマナーについてまとめてみました。

 

親族は何時に来ればいいの?

臨海斎場の家族葬や一般葬の場合、親族は何時に来ればいいのでしょうか?

親族がお通夜に来る時間は、開式の30分前から1時間前がベストです。

 

ご遺族が来る時間が、開式の1時間から2時間前です。

あまり早く来すぎてもよくありません。

ご遺族に気を使わせてしまいますからね。

 

ですので開式の30分前から1時間前がよいのです。

ちょうど遺族が落ちついている時間です。

 

開式までの時間が30分を切ると・・・・

宗教者への挨拶だったり、葬儀社との確認事項だったりで、ご遺族が慌ただしくなることが多いです。

慌ただしい時間に到着すると、ご遺族も大変ですし、ゆっくりとお悔やみも言えません。

 

開式の15分前になると、ご遺族・ご親族は式場内に着席します。

葬儀社の担当者からお通夜の流れや、お焼香のタイミングや作法などの案内があり、お通夜の開式に備えます。

この時間に来た場合は、すぐに葬儀場内に着席しなければなりませんので、ご遺族に挨拶もできません。

 

会社などで時間に遅れる場合は、仕方がありませんので、事前にちゃんと遅れる旨を伝えておきましょう。

 

親族はどこに座ればいいの?

臨海斎場の家族葬や一般葬で、親族はどこに座ればいいのでしょうか?

親族の方も、いろいろな関係がいるので、たしかにどこに座ればいいかわかりませんよね。

 

1つの決まりとして覚えておいてほしいのは・・・・

祭壇に向かって右側の席には、故人の配偶者や子、孫、そして子の配偶者やその親族が座ります。

祭壇に向かって右側の一番祭壇に近い席は、喪主が座ります。

 

祭壇に向かって左側は、故人の兄弟とその家族、故人の配偶者の兄弟とその家族などが座ります。

 

席にはバランスよく座るのがよく、どっちか一方にかたよる場合もあるので、臨機応変に座る事も大切です。

 

最後に・・これを絶対にみてください。

 

親族の座り方も大事ですが・・・

もしもの時のために、これを絶対にみてください。

 

葬儀は事前準備が何よりも大事です。

事前準備するのとしないのとでは、葬儀費用が車一台分高くなる可能性も本当にあります。

 

高額な葬儀費用に一生後悔しないように、少しでいいので見てください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

臨海斎場で格安葬儀社

 

事前の準備をする時間がない方も、これをみてください。

葬儀費用を抑える事ができるか、できないかは、自分自身の行動にかかっています。

 

ぜひ、参考にしてください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

 

Sponsord Link