遺族の範囲とは?

 

遺族の範囲とは?

 

 

臨海斎場の家族葬や一般葬を例に遺族の範囲について、みていきましょう。

 

遺族と調べると・・

遺族をネットや辞書で調べると・・・

 

「死んだ人のあとに残された家族や親族」

 

このように、どこまでが遺族というカタチで明確にされていません。

 

生計をともにしていたのが遺族

遺族をもう少し調べていくと・・・・

 

遺族とは生計をともにしていた家族、という説明があります。

 

これだとわかりやすくなりますね。

 

生計を共にしているということは、ほとんどの場合、同じ屋根の下で暮らしている家族という事になります。

 

家族葬での遺族とは・・・

臨海斎場の家族葬や一般葬でよく使われる遺族という言葉。

 

この遺族という意味は、死んだ人と生計を共にしていた遺族というのが近いでしょう。

 

遺族の定義は難しい

遺族の定義は難しいです。

 

死んだ人と生計を共にしていた家族と説明しましたが・・・

 

死んだ人の子供が独立して家を出ていた場合は・・・

 

生計は共にしていませんが、死んだ人の子供さんなのだから遺族に決まっています。

 

このように遺族の範囲も状況によりますので、非常に難しいのです。

 

Sponsord Link