葬儀のカンタン準備チェックリスト!

 

これから葬儀を行われる方は、準備のチェックリストがあったら・・・

と思われる方が多いので、カンタンにまとめてみました。

 

 

たとえば臨海斎場で家族葬や一般葬を行う場合を例に、みていきましょう。

 

喪主の葬儀チェックリスト

家族葬や一般葬を前に行う、葬儀の準備チェックリストはコチラ!

 

①葬儀社の決定

②ご遺体の安置所

③葬儀の規模の決定

④葬儀場と火葬場の決定

⑤日時の決定

⑥宗教者の手配

⑦料理と返礼品の決定

 

葬儀社と遺体安置所

葬儀社にご遺体の搬送を依頼するので、葬儀社を決定しておくとスムーズです。

 

ご遺体の安置場所はご自宅でも可能ですし、ご自宅が難しければ、葬儀社が安置所を紹介してくれます。

 

病院などには、提携している葬儀社がいるので、ご遺体搬送のみを依頼する事も可能です。

 

しかし、病院などで提携している葬儀社は、葬儀も搬送も高額な傾向が高いので注意が必要です。

 

葬儀の規模、場所、日時

葬儀の規模を決定しましょう。

 

つまり人数ですね。

 

家族葬にするのか、一般葬にするのか・・・

 

人数により、大きさが必要になりますので葬儀場の選択肢も異なってきます。

 

たとえば臨海斎場であれば、家族葬の少人数でも、一般葬の多人数でも葬儀の対応が可能です。

 

また臨海斎場の場合、火葬場も同施設内にありますので、火葬場の心配もありません。

 

あとは日時を決定しましょう。

 

葬儀の内容や詳細に関しては、葬儀社と打合せを行います。

 

宗教者の手配

葬儀の日時が決定したら、宗教者へ連絡しましょう。

 

菩提寺と檀家の場合は、宗教者のスケジュールが優先されますので、変更を余儀なくされる場合もあります。

 

宗教者とのお付き合いがなく、葬儀社の紹介であれば、決定した葬儀日時にあわせてくれるので大丈夫です。

 

料理と返礼品

葬儀に参列される人数にあわせて、発注を行います。

 

Sponsord Link