香典のマナーをまとめました!

 

香典のマナーをまとめました。

 

 

臨海斎場の家族葬や一般葬を例にみていきましょう。

 

香典の入れ忘れに注意

臨海斎場の家族葬や一般葬において、香典の入れ忘れ、実はよくあるのです。

 

奥さんにお金を入れておくように頼んでおいたが、入れ忘れた。

 

自分で入れたと思って入れ忘れた。

 

実際によくあるのです。

 

ご遺族や受付さんも、お香典にお金が入っていなかったとは、言いにくいものです。

 

お香典にお金が入っているか、お出しする前に一回は確認しましょう。

 

金額は外袋と中袋の両方に書きましょう。

金額は外袋と中袋に、必ず書きましょう。

 

最後の集計で金額があわない場合は、受付さんが今一度、お香典を1つずつ確認する必要があります。

 

中袋で金額を確認する場合もあるので、中袋にも必ず金額を書いておきましょう。

 

受付さんのためにも。

 

香典は薄墨で書く

お香典に書く文字は薄墨で書くとよいとされています。

 

その理由は・・・・

墨に涙が落ちて、墨が薄くなった・・・

訃報を聞いて駆けつけたので、墨を濃くする時間がなかった・・・

などなど

 

なんだかな~

という理由ですよね。

 

体裁を気にする日本人らしいというか・・・

 

現在では薄墨にこだわらなくても良いと思います。

 

Sponsord Link