生花は持ち帰れるの?

 

たとえば家族葬や葬儀における生花は、参列した親族などが持ち帰れるのでしょうか?

 

 

臨海斎場の家族葬や一般の葬儀を例に考えてみましょう。

 

持ち帰れる生花とは

持ち帰れる生花とは、生花祭壇のお花や、祭壇の脇に飾られた供花(生花)のことですね。

 

これらのお花、葬儀や家族葬が終わった時に、持ち帰れるのでしょうか?

 

時と場合による

生花を持ち帰れるかどうかは時と場合によります。

 

たとえば、生花の数が少なかった場合です。

 

祭壇も小さめで供花も2本など、生花の数がそもそも少ないという場合ですね。

 

お別れの時には、みなさん生花をお棺にお入れしますね。

 

生花の数が少ないと、お棺にお入れするお別れ花で、すべて無くなってしまうのです。

 

この場合は、持ち帰れるお花がないんですね。

 

遺族と葬儀社の打合せ次第

あとは、葬儀社とご遺族の打合せにもよります。

 

たとえば、生花祭壇も大きく、供花もたくさん出た場合、お別れでお花をお棺にお入れてしても、余りが出ます。

 

その場合、残りのお花をどうするか?

 

花束にして、ご親族に配るかどうか?

 

花束を配るとしたら、事前にお花を集めて、茎などをカットして、紙などで包まなければなりません。

 

事前に決めておかないと、祭壇の撤去時にすべての生花を処分してしまうのです。

 

生花を持ちかえるにも、事前の段取りが必要ということですね。

 

Sponsord Link