供花と献花の違いは?

 

ご葬儀の時に耳にする供花と献花はいったい何が違うのでしょうか?

 

 

臨海斎場の葬儀や家族葬を例にまとめてみました。

 

供花とは?

供花とはなんでしょうか?

 

供花とは、お出しになった人の名前や、会社名の札がついた籠花です。

 

供花は祭壇の両脇に並べて飾られます。

 

献花とは?

献花とはなんでしょうか?

 

献花とは、故人にたむけられる一輪の花です。

 

お別れの際に、順番に花を一輪いただき、献花台へささげます。

 

仏式の葬儀のお焼香と同じような意味合いとなります。

 

無宗教の葬儀やお別れ会など宗教不問の場合に、行われる事が多いです。

 

供花と献花の違いは?

そもそも供花と献花の違いとは?

 

供花とは籠花で名札をつけて祭壇の脇に飾るもの。

献花は献花台にささげる一輪の花。

 

葬儀や家族葬でそれぞれ用いられますが、用途はまったく違いますね。

 

献花が用いられる場合とは、無宗教の葬儀やお別れ会となります。

 

臨海斎場においても、通常の葬儀と比べると、無宗教の葬儀やお別れ会は圧倒的に少ないので、献花が用いられる機会は少ないと言えるでしょう。

 

Sponsord Link