香典の金額が偶数じゃダメな理由!

 

お香典の金額って偶数じゃダメと言われています。

 

 

それはなぜでしょう。どんな理由があるのでしょうか?

 

臨海斎場の家族葬の場合の香典の金額の偶数についてまとめてみました。

 

香典の金額が偶数じゃダメな理由

香典の金額が偶数じゃダメな理由は以下の通りです。

 

2つに分けられると縁が切れてしまうという理由からです。

 

故人と縁が切れてしまうという事ですね。

 

しかし、これはあくまでも迷信です。

 

地域によってはお香典が偶数であろうと関係ないという場所もあるそうです。

 

臨海斎場がある東京やその近郊の場合は、やはりお香典の偶数はNGという考えが強いと思います。

 

慶弔はどちらもダメ

結婚式のご祝儀の金額も偶数はダメですね。

 

これも同じ理由です。

偶数だと割り切れる、切れるという言葉は結婚とは反対ですからね。

 

香典の金額は奇数

お香典の金額は奇数にしておきましょう。

 

迷信はいわば暗黙のルールです。

 

気にされる方は、やはり気にされるので、そこはルールとして従いましょう。

 

Sponsord Link