常識のマナーは?

 

家族葬に参列する場合の常識のマナーをまとめてみました。

 

 

臨海斎場の家族葬を例に常識のマナーをみていきましょう。

 

連絡をいただいた時のマナー

たとえば臨海斎場の家族葬に参列する事になった場合です。

 

家族葬の場合は、直接、遺族から声をかけられる事になります。

 

一番気を付けたいマナーは断らないことです。

 

家族葬に呼ばれる方は、故人または遺族とかなり深い仲のはずです。

 

ほとんど私的な理由では断ることはないと思うので大丈夫かと思います。

 

お通夜、告別式と2回のタイミングがあるので参列はできるかと思います。

 

参列する時間は早めに

では家族葬に参列するときのマナーは?

 

家族葬に参列する場合は、遺族はあなたの事を、ほとんど親族扱いしています。

 

ですので家族葬に参列する場合は、なるべく早めに参列しましょう。

 

家族葬の開式後の参列ですと、閉式まではゆっくりとお話できません。

 

開式前に参列できれば、故人と対面して、ゆっくりと遺族とお話もできます。

 

ご遺族も心から喜んでいただけるでしょう。

 

Sponsord Link