時間は短いのでしょうか?

家族葬の場合、時間は短くなるのでしょうか?

 

 

臨海斎場の家族葬を例に、まとめてみました。

 

葬儀の時間は変わらない

家族葬も普通の葬儀も、葬儀の時間、つまり、お通夜や告別式の葬儀の儀式の時間は変わりません。

 

ですので基本的な時間は大差がありません。

 

開式の時間なども、家族葬だから普通の葬儀と異なることもありません。

 

家族葬の方が全体の時間は短い!?

家族葬と普通の葬儀を比べた時、全体の時間は家族葬の方が短いと思われます。

 

これはいったいどういう事なのでしょうか?

 

それは家族葬と普通の葬儀の参列者の数が違うことにあります。

 

参列者の数の違い

当然ですが家族葬の参列者より、普通の葬儀の参列者の方が人数が多くなりますよね。

 

人数が多ければ多いほど、接待の食事の時間も、お別れの時間も時間が多くかかります。

 

家族葬も普通の葬儀も、葬儀の儀式に違いはありませんので時間も大差はありません。

 

しかし、参列の人数が異なる事により、食事の時間やお別れの時間が異なります。

 

ですので、参列者の少ない家族葬の方が全体の時間は短くなるのです。

 

Sponsord Link