葬儀はどこまでの範囲で呼ぶべきか?

 

葬儀や家族葬を執り行う時、どこまでの範囲で声をかけて

呼ぶべきなのでしょうか?

 

 

臨海斎場における葬儀や家族葬において、どこまでの範囲

で案内するかについてまとめました。

 

家族葬はどこまでの範囲で呼ぶの?

家族葬の場合、どこまでの範囲で呼ぶべきなのでしょうか?

家族葬は、ほとんどの場合、少しでも付き合いのある親族に

は声をかけますね。

 

参列されるかしないかは別にして、後々のトラブルを避ける

ため、声だけはかけるようにしましょう。

 

また、家族葬とはいえ、深い付き合いのあった方だけは、

一般の方でも声をかける事が多いですね。

 

直葬はどこまでの範囲で呼ぶの?

直葬の場合は、葬儀の儀式がありません。

 

参列したとしても、火葬炉のお見送りと収骨だけの内容で

食事もない場合がほとんどです。

 

食事などの接待が無くても失礼がないような、間柄の人々

だけ呼ぶという方が無難でしょう。

 

一般葬はどこまでの範囲で呼ぶの?

一般葬の場合は、葬儀を関係者全員に告知します。

ですので、すべての範囲で呼びます。

 

しかも、故人だけではなく、故人の家族の友人や会社

関係などもすべてです。

 

Sponsord Link