葬儀の時の喪主の挨拶!通夜の時は?

 

葬儀の時、喪主は挨拶をするのが一般的ですね。

 

 

お通夜の時も挨拶はするのでしょうか?

 

臨海斎場の葬儀や家族葬において、お通夜の時の挨拶について

まとめました。

 

喪主の挨拶 お通夜はない

お通夜の時に喪主は挨拶するのでしょうか?

 

臨海斎場における葬儀や家族葬のお通夜において、喪主は

葬儀場においてお焼香に来られた方に頭を下げて対応しま

すが、参列者に正式に挨拶する事はありません。

 

挨拶するタイミングがないというのが正しいです。

 

なんでお通夜は挨拶しないの?

なんでお通夜で、喪主は参列者に正式に挨拶しないのか?

 

臨海斎場の場合、お通夜はだいたい午後6時からとなります。

 

喪主は午後6時から、お通夜に出席しています。

 

一般の参列者はだいたい午後6時10分ごろにお焼香して、

お食事の席に移動します。

 

お食事も長居はしませんので、10分から15分でお帰りに

なります。

 

お通夜が終わるのはだいたい午後6時45分から午後7時

くらいです。

 

お通夜が終わった時には、一般の参列者はすでにお帰りに

なっているのです。

 

ですので喪主が参列者に正式に挨拶するタイミングが無い

のです。

 

Sponsord Link