献花の値段はいくら?お札はなんて書くの?

 

臨海斎場で葬儀や家族葬を行う場合、

献花の値段は?

献花のお札は何て書くの?

といった質問をよくいただきます。

 

Sponsord Link

 

実は、この質問自体が間違っています。

 

献花の値段やお札についてまとめました。

 

献花に値段はありません

 

献花は、よくお別れ会などで1輪の花を受け取って、

祭壇にたむけますよね。

それを献花と言います。

 

ですので、献花は値段などはありません。

 

お札があるのは供花!

献花は祭壇にたむける1輪のお花の事です。

 

お札はつきません。

 

お札が付くのは、祭壇に両脇に飾る供花の場合です。

供花には、お札が付くので、会社名だったり、個人名

だったりと、名前を入れます。

 

供花には値段があります!

供花は祭壇の両脇に飾るお花ですので、料金もかかります。

種類によって値段が異なります。

 

15,000円の消費税が一番スタンダードな金額です。

 

その他は、20,000円や30,000円があります。

 

値段での違いは、花の種類や量や大きさが異なります。

 

専門家も驚く!格安の葬儀社!

臨海斎場で家族葬や一般葬をご検討の方は・・・・

 

是非ご覧ください。

 

専門家も驚く衝撃の格安家族葬です。

 

1度でもいいので、見てください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

知っていれば誰でも格安の葬儀が可能です

知っていれば格安の葬儀が誰でも可能です。

 

みなさん知らないので、高額の葬儀社に依頼してしまうのです。

 

高額の葬儀社は思った以上に存在するので、みなさん依頼してしまうのです。

 

高額葬儀社と低価格の葬儀社、下手をすると車一台分の金額くらい差があります。

 

是非、ご覧ください。

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

Sponsord Link