遺族の持ち物は?

 

臨海斎場での家族葬に遺族が参列する場合の持ち物は?

 

Sponsord Link

 

日本で最も多い仏式での葬儀や家族葬の場合の、遺族の

持ち物をまとめました。

 

遺族の持ち物

家族葬の時に遺族が持っていくものとは?

 

家族葬でも一般葬でも遺族の持ち物に違いはありません。

 

 

仏式は数珠

仏式の葬儀では数珠を必ず持っていきましょう。

 

合掌する時に数珠を手にかけるのは、大人としての

マナーです。

 

お香典

近いご遺族の場合は、お香典はいらない場合もございます。

 

お持ちする場合は、お香典を入れる物である、ふくさもお持ち

するのがマナーです。

 

お布施

もし、お寺さんに葬儀を依頼しているのであれば、

お布施を持っていきましょう。

 

一般的に、お布施はお通夜の前に、お寺さんとあいさつ

する時にお渡しします。

 

お布施とお車代と封筒を分けて渡すほうがよいでしょう。

 

お棺にお入れするもの

最後のお別れの際に、お棺にお入れするものを持っていき

ましょう。

 

お好きだったスーツや、いつもお召しになっていた洋服など、

または趣味のグッズなどもいいですね。

 

ご注意点としては、大気汚染などの原因となる社会的に禁止

されている物はお棺にお入れできません。

 

メガネ

故人の方がメガネをしていた場合は、メガネも持っていき

ましょう。

 

ご収骨の時に、骨壺に一緒にお入れできます。

忘れずにお持ちしましょう。

 

臨海斎場で本当に最安値の葬儀社

臨海斎場で家族葬や一般葬をご検討の方はぜひご覧ください。

 

本当に臨海斎場の葬儀で格安の葬儀社です。

 

世の中には、いまだに高額の葬儀社が多いのが現実です。

 

あまり考えずに葬儀社を選んでしまうと、ぼったくりみたいな葬儀社にあたってしまいます。

 

ぜひ、一度みてください。

 

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

ご近所でもっとも安い葬儀社の探し方

適当に近いからと言って葬儀社を選んでしまうと大変な目にあいます。

 

地元葬儀社ほど高額な葬儀社が多いです。

 

本当に安い葬儀社よりも50万以上高いとか普通です。

 

昔ながらの金額をそのまま続けてても、近所のお客さんはわからないから依頼してくるのです。

 

ご近所でもっとも安い葬儀社の探す方法があります。

 

その方法を知っていれば誰でもカンタンに良い葬儀社に依頼する事ができます。

 

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

Sponsord Link