葬儀の日程がカンタンにわかる!

Sponsord Link

 

臨海斎場で家族葬を執り行う場合の日程はどうなるのでしょう?

 

Sponsord Link

 

空き状況を確認して2日間を予約します。

夜にお通夜を執り行い、次の日が告別式となります。

 

臨海斎場は友引でも休日ではありません。

 

お通夜から告別式まで、全日程をまとめました。

 

臨海斎場の家族葬 お通夜の日程

お通夜は、ほとんどの場合、開式の時間は午後6時からと

なります。

 

お通夜の時間は開式から1時間となります。

午後6時開式であれば午後7時までとなります。

 

宗教者の儀式の長さにもよりますが、宗教儀式はおよそ

45分くらいで、だいたいは終了します。

 

残りの15分は一般のご会葬の皆様をお待ちする事になり

ますが、会葬者が来られない場合は、そこで閉式する事

も多いです。

 

特別な事情がある場合は、開式の時間を早めたり、遅くしたり

するケースもあります。

 

葬儀場の利用時間がありますので、開式を早める場合は午後5時、

遅くする場合は午後7時、ぐらいが限界となります。

 

臨海斎場の家族葬 告別式の日程

告別式の開式時間は午前10時または午前11時となります。

 

最近では、

開式して30分ほどで告別式を行い、

その後10分ほどで初七日を執り行います。

 

その後、お別れの儀を行い、開式して1時間ほどで

出棺してご火葬となります。

 

火葬中に精進落としのお食事を行います。

 

火葬は約1時間ほどで終了してご収骨という流れとなります。

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

Sponsord Link