お通夜の流れは?

臨海斎場で家族葬を取り行う場合のお通夜の流れは?

 

 

以下にお通夜の流れをご説明します。

 

開式の90分前にご遺族が来場

90分前には葬儀場に来場して、早めに来るご親戚や、約1時間くらい

前に来られる宗教者の方々をお出迎えください。

 

宗教者の方を控室にご案内して、ご挨拶を行います。

この時にお布施やお車代もお渡します。

 

開式の15分前に葬儀場に着席

開式15分前には葬儀場に着席してください。

家族葬の司会社から、お通夜の流れのご説明がございます。

 

お焼香のタイミングや作法などについて確認しておきましょう。

 

お通夜の開式

お通夜が開式しましたら、司会者からお焼香のご案内がある

までは待機します。

 

一般の方がお焼香に来られた場合は、お焼香所の方に注目を

お願いたします。

 

どなたが参列してくださったのか、必ず確認しておきましょう。

 

お通夜の閉式

お通夜はだいだい40分から45分くらいで終了となります。

 

宗教者が退席されます。

 

参列者の様子をみながら、司会者が閉式します。

 

通夜ぶるまい

お通夜が閉式後に、2階の控室で通夜ぶるまい、

つまりお食事となります。

 

終了

葬儀場に宿泊しない場合は、明日の朝、集合というカタチになります。

 

Sponsord Link