お花といえば枕花や供花(生花)です!

臨海斎場では家族葬がよく執り行われています。

最近では一般葬が減りつつあり、家族葬が増えてきています。

 

Sponsord Link

 

臨海斎場で行われている家族葬の場合、花はどのように

送ればよいでしょうか?

 

家族葬の花といえば以下の2つではないかと思います。

①枕花

②生花・供花

 

①枕花

これはどういったお花かというと、その名の通り、

お亡くなりなった故人が安置されている枕元に

お飾りする花ですね。

 

送り主の札を立てる事も可能です。

料金は1万円から2万円くらいでしょうか。

 

しかし最近では枕花をお送りする機会が減って

きています。

 

それはなぜかというと故人様をご自宅に安置す

る事が減っているからです。

 

外部のご遺体安置所に故人様を安置している事が

多くなったのです。

 

ご自宅であれば、当然、枕元にお飾りする事が

可能ですが、、、

 

外部の安置場であれば、冷蔵庫の安置で枕元が

そもそもなかったり、お一人様専用ではありま

せんので、お飾りする場所がなかったり・・・

 

などなど安置所それぞれではありますが、

様々な理由があるからです。

 

②生花・供花

これは祭壇の両脇に飾るお花ですね。

生花も供花も同じ意味です。

 

名札を付けて注文します。

 

最近ではキク以外にも様々な色の洋花の

タイプもあります。

 

料金は1.5万円から3万円くらいです。

 

枕花も生花・供花は、臨海斎場に注文する事

はできません。

 

あくまでも施行している葬儀社への注文と

なります。

 

口コミで信頼のある格安葬儀社!必見!

口コミも信頼もある臨海斎場の格安葬儀社です。

 

今でもはびこる、昔ながらに葬儀費用が超高額な葬儀社。

 

そして、超高額な葬儀社の数は意外と多いのです。

 

ですのでみなさん、依頼してみたら驚くほど高かったなんて事があるんです。

 

ぜひ、一度みてください。

 

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

悪徳とも言える葬儀社は全国にもたくさんあります

悪徳とも言える葬儀社。

 

それは昔ながらで、葬儀費用が高いままの葬儀社です。

 

まだまだかなりの数の高額な葬儀社が全国には存在します。

 

地方の方が多いのではないでしょうか。

 

普通の人々はわからないので、高額の葬儀社に依頼してしまうんですね。

 

知らないだけなのです。

 

方法を知るだけで簡単に低価格で良心的な葬儀社を探す事ができるのです。

 

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

Sponsord Link