臨海斎場のお香典返し

臨海斎場のお香典返しについてみていきましょう。

 

Sponsord Link

 

まずお香典返しとは・・・

 

お香典返し

 

葬儀に参列した方が、受付にお香典をお出しいただいた時に、

受付から引換券が渡されます。

 

お帰りの際に、引換券を渡すとお香典返しの1つとして返礼品

を受け取るのです。

当日返しとも言いますね。

 

昔は、お茶やお酒、ハンカチなどお香典に関係なく、参列者全員

にお返しする会葬御礼品がありましたが、いまはかなり少なくな

ってきていますね。

 

これは地域性がありますが、東京都やその近郊エリアはこの

スタイルの地域が多いですね。

 

お香典返しの値段

お香典返しの返礼品の値段は平均が2,000円~3,500円くらいです。

 

お香典に対するお返しは、だいたい半額くらいと言われています。

 

ですので10,000円のお香典に対して、返礼品プラスお食事代で

およそ5,000円くらいになることを想定しているのです。

 

ですので10000円未満のお香典に方に関しては、当日の返礼品と

お食事代で済まさせていただく形式となっています。

 

現代社会らしく、手間がかからないように、変化しているんです。

 

しかし、高額のお香典の方はどうなるのでしょうか?

 

たとえば、近いお身内の方の場合、10万円のお香典と

言う事もあります。

 

その場合、後返しということで、四十九日の法要の際に

お返しします。

 

みなさんご存じのカタログギフトなどが今は1番多いですね。

 

葬儀の時の返礼品と合わせてお香典の半額くらいになるよう

に後返しを行います。

 

臨海斎場のお香典返し

臨海斎場は東京都の大田区にありますので、臨海斎場のお香典返し

事情も今まで書いてきた内容と同じですね。

 

お香典返しはいらない?

最近はお香典返しはいらない・・・・

なんてゆう方も増えてきています。

 

そもそもお香典を辞退する人が増えてきているんですね。

 

お香典が無ければ、当然ですがお香典返しもありませんよね。

 

しかし、いろいろと問題点はあります。

 

どうしてもとお香典を持ってくる人がいるのです。

 

義理人情を重んじる日本人。

 

以前に自分の身内の葬儀の時にお香典をもらっていたら、

お返ししないわけにはいかないですよね。

 

そう、無理やりお香典を置いていってしまう人もいる

のです。

 

お香典をいただいた場合、返礼品がない・・・・

これは後日、お返しするとして・・・

なんとかなります。

 

しかし、お食事の用意がないんですね・・・・

わざわざご葬儀に来ていただいたのに、接待する

お食事が無い・・・・

 

これでは恥をかいてしまいますね。

 

ですのでお香典を無しにするにも用意周到に準備する

必要があるのです。

 

Sponsord Link

Posted by nb278li72wgb