臨海斎場の家族葬!元葬儀社が告白!費用を安くする7個のコツ!

 

格安葬儀のコツ!

 

臨海斎場で葬儀や家族葬を検討している方々は是非、

ご覧ください。

葬儀費用を安くする7個のコツをお伝えします。

 

Sponsord Link

 

臨海斎場で執り行われる葬儀や家族葬、ほとんどの方が葬儀

の喪主は初めて経験するものです。

 

わからなくて当然の葬儀や家族葬なんですが、ポイントを

おさえておけば、葬儀の費用もおさえられるんです。

 

以下に臨海斎場の葬儀や家族葬の費用を安くおさえるコツ

についてまとめました。

 

費用を安くするやり方1 「食事」

食事で葬儀や家族葬の費用を安くする方法をまとめました。

 

食事を安くする方法ですが、普通に考えて、一番グレードの

低い料理にして、数を少なめに依頼すれば、まず費用は安く

なります。

 

これは当たり前ですね。

 

一般葬の場合は、一般の方を接待する以上、料理を無くす事は

難しいので、上記のようになるべく安くするしか方法はありま

せんが、家族葬の場合は違います。

 

ご親族など、参列者の同意が得られていれば、食事は依頼しな

くても問題ありません。

 

→食事で葬儀費用を安くするやり方1はコチラ

 

費用を安くするやり方2 「葬儀場」

臨海斎場において葬儀や家族葬を執り行う場合、

大田区、世田谷区、目黒区、港区、品川区の方々は、

かなり臨海斎場の使用料がお安くなります。

 

なぜかというと、上記5区の税金で運営されている

からです。

 

ですので上記5区の方は、臨海斎場を利用すれば、

葬儀費用が安くなります。

 

→葬儀場で葬儀費用を安くするやり方2はこちら

 

費用を安くするやり方3 「お香典返し」

お香典返しで葬儀費用を安くする方法をまとめました。

 

お香典返しを2000円の品物にしましょう。

2000円の場合、料理の接待を含めれば、1万円のお香典の方

までは、お返し済みとできるラインだからです。

 

2000円以下になると、低額すぎるので、後返しとしてさらに

お返しする必要がでてきます。

逆にお金がかかってしまいます。

 

また、お香典返しは家族葬であれば、無しにも設定できます。

 

→お香典返しで葬儀費用を安くする方法はコチラ

 

費用を安くするやり方4 「祭壇なし」

葬儀を行う場合に、必ずしも祭壇を飾らなくても大丈夫です。

 

お棺と故人がいれば葬儀はできるのです。

 

祭壇がなければ、だいぶ葬儀費用を安くできます。

 

→祭壇なしで葬儀費用を安くするやり方はコチラ

 

費用を安くするやり方5 「寝台車を最低限」

寝台車の料金は1回ごとにかかります。

 

ですので回数が多くなればなるほど、費用が高くなるのです。

 

寝台車の回数を1回でおさえる事ができれば、費用が安くな

ります。

 

→寝台車で葬儀費用を安くするやり方はコチラ

 

費用を安くするやり方6 「遺影写真」

遺影写真を準備しなければ葬儀費用を安くする事が

できます。

 

遺影写真を準備しないことは可能なのでしょうか?

 

直葬などでは準備しない方も多いです。

 

葬儀の場合は祭壇に飾ることがあるので、その場合は

自分で作成しましょう。

 

→遺影写真で葬儀費用を安くするやり方はコチラ

 

費用を安くするやり方7 「納棺」

納棺でも葬儀費用を安くすることは可能です。

 

ラストメイクや湯灌などを実施しなければ、一般的には

安くなります。

 

→納棺で葬儀費用を安くするやり方はコチラ

 

葬儀費用を安くするやり方 まとめ

方法はわかっても、素人には実際にはできない・・・

 

それよりも安くする方法を実践している葬儀社を教えてくれ!とお考えの方。

 

あらゆる経費削減で安くしている、臨海斎場で家族葬を行う場合の格安の葬儀社です。

 

絶対に、見てください。

→ちょっと・・驚きの最安値!本当なのでしょうか?臨海斎場の家族葬!

 

誰でも格安の葬儀社を見つけられる方法

臨海斎場でなくても他の葬儀場の場合でも、もしもの時のために、葬儀や家族葬の準備をしておきましょう。

 

誰でもカンタンに低価格で良い葬儀社を見つける方法があります。

 

あなたの事前の準備が、愛する残された家族を守る事になるのです。

 

→誰でも葬儀の金額を安くするカンタンな方法!

 

Sponsord Link

Posted by nb278li72wgb